Diary

2021-06-07 15:38:00

憧れのキングサイズベッド無事搬入

Instagram-image

新居のベッドは憧れのキングサイズベッドです。

気分転換によくホテル滞在しておりましたが
それも最近ままならないのでホテル仕様のベッドを
自宅に設置してみることにしました!!!ドーン!!! 

Instagram-imageInstagram-image

窓を外し、二階ベランダから吊り上げで
なんとか無事に搬入してもうことができました!
いやもう本当に搬入のプロ、、、職人技!

同じ時間に引っ越し業者の人もいたんですが
「ぼくこの仕事長いんですけどこのサイズのベッド見るの初めてです」
って言いながらもしも自分たちが運ぶなら…という
シュミレーションをしていて面白かったです。

「これ窓からでも入らなかったらどうなってたんです?」
って聞かれたけど
いやぁ、どうするんでしょうね!!!って感じでした!www
一応図面見てもらって窓のサイズから入るとは思いますと
言われて購入したわけですが…まあ確かに万が一もあるよね…
ベッド自体が受注生産だったので返品できないし
庭にでも置くことになったんだろうか…と考えると怖いですが(…)
とにかく無事に搬入してもらえてめでたしめでたし!

Instagram-image

シャンデリアは色々みて回った中で
一番好みで妥当なお値段だった大塚家具オリジナルのもの。

Instagram-image

暗くなる前に設置しないと!と
パパと夫氏が頑張って設置してくれました。

ここからカーテンが付いたら
さらに理想の寝室になるのでとてもたのしみ!

2021-06-07 13:24:00

浜屋のお弁当

Instagram-imageInstagram-image

木更津でお弁当って言ったら
浜屋のバーベキュー弁当ですよ!!!

新居に向かう途中に買って
ランチにみんなで新居の床に座って食べました。

2021-06-07 11:54:00

さようなら都心の高層マンション

Instagram-imageInstagram-image

約10年住んだ賃貸マンション。

その前はデザイナーズの玄関二つある賃貸マンション。
上京してきた妹しのぴと2世帯暮らしをするための家で
しのぴが都内に慣れて一人暮らしを始めるタイミングで
ちょうど初連載の「悪魔契約少女」の連載が終わって、
「きみとせっくすれす」を始める前あたりに探した物件。

定期的にアシスタントさんを泊めるために
3LDKで和室がある部屋を探してもらいました。

デザイナーズマンション住んでるときは気づかなかったけど
このマンションに越してきて住宅は普通がいいって思いました…笑。
「窓が掃除しやすい」
「キッチンが使いやすい」
「掃除がしやすい」
引越しが終わってから私が連呼していたこと笑。
デザイナーズマンション、部屋に螺旋階段とかあって
本当にとてもおしゃれで映えだったけど
住みにくくてたまらなかったんだなあと
引越して気づいてちょっと面白かった記憶が残っています。

Instagram-imageInstagram-image

住んでる時には場所特定できちゃうから
あまりはっきりは写さなかったけど
この家から見える景色がすごく好きで
抽選申し込んで当たって住むことになった家。

その抽選、実は一回落ちたけど
最初に当たった人が辞退してくれたおかげで
2番目に当たって住めることになったという
なんとも縁があるお家でした。

まだ原稿がアナログ作業だったので
アシちゃんが最大3人とか泊まったりとか
なんだか思い出すと本当に懐かしい。

立地的にも最高で
空港までと新幹線までのアクセスも良く
20時半にはディズニーランドの花火が見えたり
(でも慣れると見向きもしなくなった贅沢…笑)
朝日が昇る場所が季節によって移動していくのを
見るのもすごく好きでした。

そんな大好きな家でしたが
引越すきっかけは夫氏の仕事テレワーク化。
月に大体2回以上出張、週5以上毎日外に出ていた夫氏が
通勤しなくなったことで引っ越しを決めました。

やっぱね~
どんなに憧れと夢が詰まってたとしても
人間は土に近いところに住むのが
一番元気だと思いました。

私は原稿中週1の気功教室以外で
ほとんど外に出ないのですが
地上に降りないまま3~7日とか仕事をして過ごして
久しぶりに地上に降りると
ドッと疲れを感じるよねってよく話していて
しかも普段は4階以下の自宅に住んでいる
アシちゃんたちはその感覚が顕著で
地上から離れすぎている場所に
長時間いると体の疲れを感じる感覚が
麻痺するみたいなのがあったんですよね。

だから意識して散歩したり気を付けていましたが
そんな面倒なこと夫氏ができるわけもなく。

しかも、家ならどこでも仕事ができる私が
わざわざアクセス便利で高い家賃の家に住んでるのは
夫氏の通勤と出張の多さのためだったわけですよ。
その通勤と出張がなくなり
家に長時間お互いいるなら
地面に近いところに住みたいよね!となって
じゃあ引っ越そう!と、なったのでした。

結婚して都内に越してきて3つ目のマンション
「都会に住む」から連想する理想の夢を
そのまま形にしたようなマンションだったなあ。
いい経験をさせていただきました。

ほんとうにお世話になりました!

 

 

2021-06-07 11:37:00

搬入前の新居、千葉県民になりました。

E3PwQhKUUAQibAQ.jpg
玄関から

E3PwQhdVkAAdSZz.jpg
洗面所とお風呂

E3PwQhNUUAEPlJA.jpg
キッチン

E3PwQhNVEAEpdTb.jpg
リビング

E3Pwb5fUUAIe00L.jpg
階段

E3Pwb59VkAEStwH.jpg
夫氏の書斎

Instagram-image
寝室

Instagram-image
廊下

Instagram-image
私の仕事部屋

Instagram-image
搬入前に、パパとママに手伝ってもらって
ルミナスの棚を組み立てたりしてました。

新居は戸建てです!
地面に近いよーーー!!!!
玄関開けたら地面なの、すごく嬉しい。

虫も全然平気なのでどんとこい!
(ゴキブリとアリには気を付けないといけないけど)
マンションは虫がほぼ一切でなかったけど
やっぱ虫も住めないようなところに
人間も住むのは大変なんですよ…人間だもの…

というわけで結婚後10年以上都内に住んでからの
生まれ故郷の千葉県内房に戻ってまいりました!!!

最初はいつも通り賃貸で探してたんですが
引越しの目的は「地面に近い家」…。

都内で希望の物件に住むには
地主か大金持ちじゃなきゃ無理だとなり
それじゃあ都内近郊で探そうという流れで
だったら場所は土地勘がある私の地元千葉に決定。

しかし我らが愛すべき地元には
賃貸で希望を満たす物件なく戸建て購入しかない…ということで
地元の親戚に不動産関係の人がいたのでちょっとお願いして
資料をもらったらその中に良い物件との出会いがあり
それでみるみる話が進み、家も建ち、今日の引っ越しに至りました。

なんていうか決まるときって本当に
ポンポン決まりますよね、、、
今年2月くらいに探すか~って動き始めて
6月にもう引っ越し終わってるからびっくりです。

我が家は建売物件なんですけど
私は物件とかインテリアにあまり興味がないみたいで
(なので引っ越し関連は家具関連は毎回ほぼ夫氏担当)
注文住宅について少し耳にしただけで
面倒臭くて家が建つ気がしなかったので
注文住宅で家を建ててる全人類を尊敬しました。

地元にいた若かりし頃は東京の地に憧れも多かったですが
実際に都内に住んでいいところをしっかり堪能したおかげで
改めて地元の良さに気づけた状態での引っ越しです。

都内へのアクセスも良し実家へのアクセスも良し
なんなら都内のマンションよりも
家の近くに食べ物屋さんが多いのでそこはかなり嬉しい笑。

これから住みやすい家に仕上げていくの
とってもたのしみです!!!!

2021-06-07 10:02:00

今日は引っ越し!

E3PcJ5CUcAEdiW5.jpg

マンションに引っ越し業者さんが着て搬出始めたらしいので
新居で受け取り担当の私はパパと車で移動中!

引越しで遅れに遅れている原稿を放置して
仕事場から離れるなんて狂気の沙汰だと思って
ものすごいストレスだったけど
どうにか気分を切り替えたので
楽しんでいってきまーす!!!!!

1 2 3 4 5