Fortune telling

Akaneiro月

茜はづきの占いという仕事

私が占い師をするうえで 一番大切にしていることは

「本人がどうしたいのか?」

これが全てといっても 過言ではありません。

 

 

ざっくり占う内容を挙げると…

 

まず、どうしたいのか?

そしてそこへ向かうためには?

今のままだとどこへ向かっていくのか?

それは行きたいところなのか?

どうしたら変えられるのか?

問題はなんなのか?

問題を解決するためには?

そもそも変える必要があるのか?

よりスムーズに進むためには?

…というようなことをみていきます。

 

(もちろん人によって様々になりますが)

 

占いをするという行為は

地図を読むのに似ているなあと私は思っています。

 

だからまずは、本人の意思と魂の意思を読み

ふたつがうまくリンクするように

本人がどうしたいのか (=つまり目的地)

これを定めてゆきます。

 

日々、時間に飲み込まれるような生活の繰り返しの中で

ただただ時間やタスクに追われていると本当はどうしたいか?を見失いやすく

自分の人生の目的地を忘れずに毎日歩み続けるということは

いまの私たちの社会においてとても難しいことになっています。

 

でも、いま目的地がわからなくても

魂は常に知っていますし

宇宙もサポートの手を絶えず差し伸べてくれています。

 

ただ、自分が思い出せばいい。

 

だからわたしは占いをつかって(あるいは漫画作品を通じて)

大切な忘れてしまったなにかを思い出すためのお手伝いをします。

 

私の占いは

「あなたはこうなります」と 答えを提示することではなく

人それぞれ違う人生の地図を占いを通して観察することで

地図を読むためのヒントをお伝えしてすること。

 

占いに来た人が

自分で自分の地図を読むコツを掴んでもらうことが目的です。

 

人によっては 目的地を思い出しただけで

あとは全てオートマチックのように魂に任せて動き出す人もいますが

目的地がわかっていてもなかなか歩き出せない人や

障害になるパターンがある人などもいて

その場合にはそれぞれに対する解決策も占います。

 

とにかく目的は

本人が自分の足で歩きだすこと。

私はそのお手伝いすること。

 

それができたら占い師茜はづきの役目は

そこでめでたく完了になります。

 

私にとっての占い師という仕事は

その人が自分で自分の地図を見て

行きたいところへ自由に歩み続けるための

人生の地図解読サポート係なのです。

 

私の願いは

誰もが自分で自分をよく観察して自分の素晴らしさと弱さをきちんと知り

魂と宇宙と仲良く生きる人が増えることです。

自分をきちんと知って入れば占いは必要がなくなるものです。

占いをする必要がなくなったほうがいいけれど

占いによって迷子から抜け出すきっかけにもなれる

と、いうことも今は理解しています。

 

そんな占い師というお仕事を通して

よりよい世の中に変容していくためのお手伝いが

少しでもできるのなら幸せこの上ないなあと

今日もメッセージを受信するのだと思っています。