Fortune telling

Akaneiro月

占いに振り回されない活用の勧め

初めてのお客様は占い前

「結果が悪かったらどうしよう」

「怖いーーーー」

ってドキドキしている方がとっても多いんです。

 

と、いうわけで。

占い結果に振り回されずに占い結果を活用するために

私が気を付けていることを 書いてみたいと思います。

 

まず、一番大切なのは当たる当たらないにこだわらないこと。

 

なぜなら占い師として活動している人が占って

ある程度当たるのは普通のことだからです。

 

占いでよくいう「当たった」というのは

今までその人が歩んできた足跡を読み

(そこで言い当てられた!と感じますが)

(存在するものには必ずエネルギーの流れがあるので)

(誰でもある程度の訓練を積めば読むことができます)

(もちろんその解読の精度はそれぞれになりますが…)

その流れを汲んでその人がそのままの状態で過ごしていると

一番到達しやすい未来の状態をお伝えしているのだと私は解釈しています。

(つまり読みにくい文字で書いてある本をただ翻訳しただけという見方もできるわけです。)

それで喜んでくれる人も一定層いるのは事実で

それは占いの醍醐味のひとつでもあります。

私も最初、それが楽しくて占いの練習をしていました。

 

でも、せっかくお金と時間を使って

わざわざプロに鑑定してもらうのに

「当てる」ことにこだわるのは もったいなあと思います。

 

本人の強い意思を持って

「こうしよう!」と決めて行動した時

その未来は変わるものです。

 

人間の意志の力というのは

私たちが認識する以上の力を持っているということを忘れていては本当に勿体ないです。

未来を創るという点では占いがすごいのではなく私たちの持つ意思の力がすごいのです。

意志の力を上手に使うサポートとして占いを上手に使ってほしいなあと私は考えています。

 

占いをすることで意志の力が発揮される例をあげます。

 

「彼氏と別れる」と 占い結果を断言されたとき

その占い師さんがある程度の実力があるのなら

その未来になる可能性が一番強いのは事実ですが、まだ決まってはいません。

でも断言された私たちは「私は彼氏と別れるんだ」と自分でもそのビジョンを描き

自分の持つ意志の力を使ってその未来をさらに強く自分で引き寄せるのです。

良くも悪くも自分の意志の力を使って占いで予測された未来を当てに行っているわけです。

未来を予測する系の占いで気を付けないといけないなあと私が危惧していることです。

 

 

占いの結果に振り回されて無意識のうちに意図しない方向へ

素晴らしい意志の力を使ってしまうのはとっても勿体ないと思います。

 

せっかく占いをするのなら

自分の持つ素晴らしさや現状に潜んでいる可能性

新しい視点の置き方などを改めて認識するきっかけにして

自分の持つ意志の力を最大限いい方向へ活用した方がよりハッピー!

 

占いをしてもらったあと

気持ちが落ち込んだままだったり

結局自分がどうしたらいいのか具体的な対策法がわからない場合には

その占い結果を信じる必要はありません。

行きたくもない未来に向かって自分から当てにいくのはやめましょう。

 

占いを頼む前に占い師さん自身を観察してみて

「素敵だなあ」と自分が思えるかどうかで選ぶというのもひとつの手です。

本当に幸せを願っている占い師さんはあなたを落ち込ませたまま無責任に言い放って終わりにはしません。

そして、あなたが占いに依存せずに自分で考える力が付くようサポートしてくれるはずです。

 

どうかあなたにとっての占いが明るくハッピーなものでありますように…!